yw546twfa のすべての投稿

H.I.S.のスーツケースのレンタルに関して

「H.I.S.地球旅市場」は、旅行会社の「H.I.S.」が運営するサイトです。
旅行に必要なスーツケースはもちろんのこと、お土産や外貨の両替・駐車場なども提供しているサイトです。
もちろん、旅行用品も取り扱っているので安心してください。
スーツケースをレンタルする際には、電話でお申込みが出来ます。
ホームページでも簡単に申し込むことが出来ます。
電話で申し込む際には、「H.I.S.地球旅市場を見た」と伝えてください。
そうすると、レンタル料金が15%OFFになるキャンペーンを行っていることがあります。
こういったキャンペーンを利用することで、もっとお得にレンタルすることが出来ます。
取り扱っているスーツケースを見てみましょう。
まずは「ビバーシェMO-K」ですが、こちらはハード、ジッパータイプのスーツケースです。
高級感がある鮮やかな光沢のあるボディが特徴のスーツケースです。
ジッパータイプになっているので、とても軽く使用することができます。
レンタル料金は、SSサイズが3日間で2,400円・Sサイズが5日間で2,800円・Mサイズが7日間で4,400円(税抜)となっています。
「ビバーシェNH-R」のスーツケースは、ハード、フレームタイプのスーツケースです。
鏡面加工されたようなボディは、キズがつきにくいのでおすすめです。
サイズやカラーも豊富にそろっているので、趣味や旅行の合わせて選ぶことが出来ます。
レンタル料金は、Sサイズが5日間で2,800円・Mサイズが7日間で4,900円・Lサイズが10日間で6,000円(税抜)となっています。
「ヴァンテムLA2」は、このレンタル会社の中で最上位グレードのスーツケースです。

ハード、フレームタイプで、
表面にエンボス加工が施されているのでキズが目立たなくなっています。

レンタル料金は、Mサイズが7日間で5,400円・10日間で6,500円(税抜)となっています。
おすすめ⇒高槻のホットヨガ

マタニティ筋トレ・おすすめの運動内容とは

妊婦にとって、マタニティ筋トレなどの運動はとても大切なことで、
腹筋や足の筋肉を落とさないためにも、とても重要なことなのです。
マタニティ筋トレは、一般の筋トレとは異なります。
一般の筋トレは無酸素運動になりますが、マタニティ筋トレは有酸素運動を行いながら筋肉を鍛えるものです。
運動には、妊娠中にぜひやっていただきたい運動とそうでない運動とがあります。
ウォーキングは、手軽にすぐに始めることが可能で安全な運動としておすすめです。
運動よりも散歩という気分で、始めてみてはいかがでしょうか。
つわりの時期は、ムカムカと気持ち悪くストレスも抱えてしまいがちです。
そんな時にも、ストレス解消を兼ねてウォーキングを始めてみましょう。
毎日10分でも20分でも大丈夫なので、あまり考える必要はありません。
腕を大きく振るように意識をしたり少し歩幅を大きくしたりなど、体調が良い時にはやってみてください。
ウォーキングは、転倒などに注意をすれば妊娠初期から始めることが可能です。
マタニティスイミングなどもありますが、近くにプールがなければ難しいかもしれません。
体に負担がそれほどなく、その上しっかり体を鍛えることができるので20分程度行うのが理想です。
スクワットもおすすめで、骨盤が開きやすく骨盤低筋肉を強化することができます。
骨盤低筋肉を強化することは、安産のためにも大切なことです。
体調を見ながら注意して行うことが大切で、おなかが張った場合にはすぐに中止するようにしましょう。
マタニティヨガやマタニティ体操などは、マタニティの人のための運動として作られたものです。
ですが、体調によってはすぐにストップするなど注意する必要はあります。
妊娠中の運動は、転倒のリスクが高いものは控えるようにしましょう。
テニスなど妊娠前には毎週のように楽しんでいた人であっても、やはり転倒しやすい運動なのでおすすめできないのです。
自転車なども骨盤を整えるなどメリットもありますが、お腹を圧迫してしまったり横転の危険が高いので避けましょう。
もちろん他にもスキーやスノボー、スケートなど好きな運動であっても絶対にやってはいけない運動です。
また、ジョギングや縄跳びなども絶対に行わないようにしなければなりません。
激しい運動というのは、胎盤が剥がれて流産のリスクがあります。
だからこそ、注意する必要があるのです。
引用:高槻のホットヨガスタジオ

ヨガの時間について考えていますか?

ヨガを自宅でやっている方、これからやろうと思っている方、ヨガの時間について考えていますでしょうか?
ヨガを家でやることが出来たら、時間を選ばずに好きな時にやれますよね。
そこがスタジオに通うことに比べて、とても便利なところですが、だからと言って、24時間いつでもやって良いというわけではありません。
ではどの時間にヨガをやったら良いのでしょうか?
効果が期待できない時間帯にヨガをしても何もなりませんし、やるなら有効にやりたいものです。

ヨガのインストラクターも言っていることですが、一番良い時間帯は朝です。
朝、起きて、すぐにヨガをすることが一番良いと言われています。
朝からヨガをして、瞑想をすると気分がすっきりして一日がんばれると言う人もいるでしょう。
ですが、朝はいつでも忙しいもの、バタバタしていて時間がありません。
そうかといって、ヨガのために早起き出来たら良いのですが、それも難しいですよね。

では、朝出来ないとなると、いつが良いのでしょうか?
基本的に、食べた後、2時間はヨガをしないほうが良いです。
逆に言えば、これを避ければ、どの時間でもオッケーというわけです。

お風呂上りに軽いポーズを取ったり、柔軟体操をしたりする方もいますが、お風呂上りは体が柔らかくてやりやすいでしょう。
ですが、血行が良くなりすぎることもあるので、お風呂上りが良い人、悪い人と、人によると思います。
とりあえず続けることが肝心ですから、ヨガを習慣づけてしまいましょう。
購入はこちら>>>>>錦糸町のヨガスタジオ

エコマットと呼ばれているPER素材のヨガマット

ヨガが女性に間で人気ですが、エコマットと呼ばれているPER素材のヨガマットも登場しています。
臭いがあまりないので、こちらがお勧めです。
臭いは人を不快にさせますから、ヨガマットの素材についても、いろいろと研究されているようです。
天然ゴムを素材としたヨガマットも人気があります。
まあ、臭いが気にならなければヨガマットはポリ塩化ビニールが一番安くて良いと思います。

ヨガをやっている人は女性が多いですから、ヨガマットを選ぶときも好みが出るのは当然です。
嫌いな色のヨガマットではリラックスできないでしょうね。

最近はヨガマットもカラー、デザインともに豊富に発売されていて選ぶ楽しみが出来ました。
原色や、中間色の柔らかいカラー、グラデーションを使ったものなど、いろいろなマットがあります。

ヨガウェアとコーディネイトしても良いですし、単に自分が好きな色を選んでも良いでしょう。
また、色にはパワーがありますので、チャクラのカラーから選んでも良いですね。
チャクラカラーは紫、藍、そして青に緑、あとはオレンジ、黄色、赤となりますから、お好きなカラーを選んで色からもパワーをもらいましょう。

ご自宅用にヨガマットを購入する方は家具やインテリアと合わせた色を選んでもおしゃれでしょう。
一枚に決められない方は、予算に余裕があるのなら、複数持てば良いと思います。
その日の気分でマットの色を変えても楽しいでしょうね。
マットの厚さですが、3.5ミリと厚さのマットと、6.0ミリの厚さのマット、この2タイプが主流です。

では、実際にヨガマットを購入しようとしたら、金額はどれくらいするものなのでしょうか?
もちろん、値段はぴんきりでしょうが、ちょっとお値段が張るもので5000円程度出せば、いろいろと面白いマットが購入できます。

面白いマットとは、マットを見つめて瞑想できるような模様が入っている商品です。
ヨガのポーズをするのは、もちろんのこと、「オームマーク」が描かれているマットを見つめて瞑想が出来るというマットです。
マットにオームが描かれていますから、凝視法を役立てながら瞑想をしようと言うものです。

疲れたときなど、マットの上で瞑想する時間があれば、頭がすっきりします。
色は紫がベースになっています。
日本フィットネスヨーガ協会がヨガグッズの会社と共同開発したマットでアメリカ製です。
「Hugger・Mugger」のセイクリッドマットと言います。
お値段は5000円程度です。

また、このようなマットを持ち運ぶたまにはマットバッグというものがあります。
Hugger・Muggerから発売されている「リサイクルペーパーマットバッグ」と言う再生紙を利用したエコ商品がお勧めです。
バッグですからファッション性も求められます。
ストライプ柄がとても可愛く、町でも目を引くでしょう。

再生紙が素材ですが、強度は十分にあり、マットがすっぽり入る大きさです。
汚れでも、ふき取りやすい素材で出来ています。
4500円程度で購入できますから、ヨガマットと一緒に購入しても10000円でおつりが来ますね。
ご興味を持たれた方は、是非、検索してみて下さい。
ヨガグッズを扱うお店で販売されています。

よく読まれてるサイト>>>>>心斎橋 ホットヨガ

ddddd

妊娠すると、やはり少しでも体をいたわり、出産まで赤ちゃんを大切にお腹の中で育てるということが大切ですが、だからといって運動をしてはいけないということではありません。
ただし妊娠しても太りたくない、ダイエットしたい、筋トレで美しい体を保ちたいという単純な気持からマタニティ筋トレや体操を行うことはとても危険なこともあります。
まずマタニティ筋トレや運動は、ママと胎児の健康と健全な出産のためでなければならないのです。
妊娠したからと言って運動や筋トレをせずに、体をできるだけ動かさないようにしていると、逆に胎児にもママにも悪影響となります。
健全な出産を行うためにも腹筋はとても重要です。
腹筋は特にお産の軽減にも役立ち、足の筋肉は転倒しないためにも必要となります。
他にも代謝が低下し体重増加することにより、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群など母子ともに危険なリスクも高まります。
そのため必要以上の食べ過ぎや運動不足は、絶対に注意しなければなりません。
ジムでもマタニティ向けの筋トレを行うことはできますが、ジムなどはどうしてもトレーニングマシンを使用することが多いためあまりおすすめできません。
腹筋を付けることは出産時にも大切ですが、普通の腹筋を付けるマシンや運動はお腹の張りを感じることが多く、これは赤ちゃんからのSOSだと考えられます。
また筋トレというといわゆる無酸素運動を想像しますが、やはり妊娠中には適度な有酸素運動が必要だと言われており、逆に酸素を体に入れない筋トレは赤ちゃんのためにも絶対に良くないことです。
そのためマタニティ筋トレとは無理せず少しずつ筋肉を付けていくトレーニングというイメージで行いましょう。
そしてマタニティ筋トレや運動は無理をせず体調に合わせて、呼吸をしっかりしながら行い、休憩を充分入れながら、水分補給をしっかり行うことが基本となります。
また運動自体ではなく、それによって起こる転倒など二次的な事故なども注意しなければなりません。
また早産リスクが高い、羊水異常、前置胎盤、逆子、多胎、強度の貧血、発育遅延など、いろいろな問題がある場合は運動どころか安静が必要になることもあるので医師と相談をしながら行いましょう。
マタニティ筋トレや運動は、まず健康な妊娠であることが必須条件です。