ddddd

妊娠すると、やはり少しでも体をいたわり、出産まで赤ちゃんを大切にお腹の中で育てるということが大切ですが、だからといって運動をしてはいけないということではありません。
ただし妊娠しても太りたくない、ダイエットしたい、筋トレで美しい体を保ちたいという単純な気持からマタニティ筋トレや体操を行うことはとても危険なこともあります。
まずマタニティ筋トレや運動は、ママと胎児の健康と健全な出産のためでなければならないのです。
妊娠したからと言って運動や筋トレをせずに、体をできるだけ動かさないようにしていると、逆に胎児にもママにも悪影響となります。
健全な出産を行うためにも腹筋はとても重要です。
腹筋は特にお産の軽減にも役立ち、足の筋肉は転倒しないためにも必要となります。
他にも代謝が低下し体重増加することにより、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群など母子ともに危険なリスクも高まります。
そのため必要以上の食べ過ぎや運動不足は、絶対に注意しなければなりません。
ジムでもマタニティ向けの筋トレを行うことはできますが、ジムなどはどうしてもトレーニングマシンを使用することが多いためあまりおすすめできません。
腹筋を付けることは出産時にも大切ですが、普通の腹筋を付けるマシンや運動はお腹の張りを感じることが多く、これは赤ちゃんからのSOSだと考えられます。
また筋トレというといわゆる無酸素運動を想像しますが、やはり妊娠中には適度な有酸素運動が必要だと言われており、逆に酸素を体に入れない筋トレは赤ちゃんのためにも絶対に良くないことです。
そのためマタニティ筋トレとは無理せず少しずつ筋肉を付けていくトレーニングというイメージで行いましょう。
そしてマタニティ筋トレや運動は無理をせず体調に合わせて、呼吸をしっかりしながら行い、休憩を充分入れながら、水分補給をしっかり行うことが基本となります。
また運動自体ではなく、それによって起こる転倒など二次的な事故なども注意しなければなりません。
また早産リスクが高い、羊水異常、前置胎盤、逆子、多胎、強度の貧血、発育遅延など、いろいろな問題がある場合は運動どころか安静が必要になることもあるので医師と相談をしながら行いましょう。
マタニティ筋トレや運動は、まず健康な妊娠であることが必須条件です。